ホーム 製品繊維光学ツール

PM6800コーナー圧力繊維光学の磨く機械パッチ・コードの粉砕装置

中国 KOCENT OPTEC LIMITED 認証
中国 KOCENT OPTEC LIMITED 認証
限られるKocent Optecは私達の長期パートナーである。8年間の協同の時間で私達は一緒に多くのプロジェクトに勝つ。速いコネクターおよびFTTHのドロップ・ケーブルの質最もよい。プロダクトは今覆う私の国をある。

—— ヘンリーThai氏

私は私が2014年に限られたKocent Optecの最初等級を作ったときに驚いた。GYXTWケーブルの1つの容器40GPおよび速いコネクター、パッチ・コードおよびアダプターのための1の容器20GP。それらは2週だけのこの順序を終えた。今度は私達はまた多くのタイプのそれらからのFDBの箱およびスプライスの閉鎖箱を購入する。希望私達はより強く、電気通信でより強い守備につきなさい。

—— パブロ氏

オンラインです

PM6800コーナー圧力繊維光学の磨く機械パッチ・コードの粉砕装置

PM6800 Corner Pressure Fiber Optic Polishing Machine Patch Cord Grinding Device
PM6800 Corner Pressure Fiber Optic Polishing Machine Patch Cord Grinding Device PM6800 Corner Pressure Fiber Optic Polishing Machine Patch Cord Grinding Device

大画像 :  PM6800コーナー圧力繊維光学の磨く機械パッチ・コードの粉砕装置

商品の詳細:

起源の場所: 広東省、中国
ブランド名: KCO, Kocent Optec Limited
証明: ISO9001
モデル番号: PM6800

お支払配送条件:

最小注文数量: 交渉
価格: Negotiation
パッケージの詳細: 柔らかい思いやりがある場合、カートン箱
受渡し時間: 2~4日はの後の支払を得ます
支払条件: ウェスタン ・ ユニオン、ハムスター、L/C
供給の能力: 20,000かのセット月
詳細製品概要
Enterface: FC、SC、LC、ST 光: LD
労働時間: 24 時間 波長1: 850/1310nm
波長2: 1310/1550nm 名前: VFL OPM 2in1のテスト装置
ハイライト:

光ファイバアクセサリ

,

繊維光学用具および装置

PM6800コーナー圧力繊維光学の磨く機械理性的なパッチ・コード粉砕装置

概要:

理性的な光ファイバーの粉砕機が主に光ファイバー プロダクトの光ファイバーの端の表面を、繊維のコネクター(ジャンパー、尾繊維、速いコネクター)のような、エネルギー繊維、プラスチック繊維、装置によって埋め込まれる短い中心等処理するのに使用されています。それは光通信工業で広く利用されています。一般的な方法は光ファイバーのジャンパーおよび尾繊維を作り出すために複数の光ファイバーの粉砕機および治癒炉、端の探知器、電圧、テスターおよび他の装置が形態に1つ以上の生産ライン一緒に用具を使うことです。埋め込まれた短い中心および他の受動装置。

 

 

製品特性:

5インチ色LCDスクリーン、簡単でおよび明確な表示。

ラップ プロセスはプログラムし、粉砕の時間は粉砕のペーパーの最も大きい使用をし、粉砕のコストを削減し、粉砕の効率を改善できるラップ プロセスに従って自動的に償うことができます。

消耗品のプログラム可能な粉砕の破片のカウント機能、同日使用、明確な粉砕ディスク数作業統計機構管理に容易。

サポート ユーザー定義の行為は、研摩シートのような、研摩のパッドをひっくり返し、他の操作上変数、等は、従業員仕事をするために従業員を促進するように関係の頭部をいつでも変えることができます。

いろいろな種類の標準的な繊維のコネクターを機械で造りました:FC/UPC、SC/UPC、ST/UPC、LC/UPC、MU/UPC、FC/APC、SC/APC、MT-RJ、E2000のエネルギー繊維の端の表面;機械感知可能な研摩のヘッド数:48までの頭部。

粉砕の質の均等性そして一貫性を保障する高精度の機械調整、独立した回転および回転によって結合される動き。

プロダクト防水性能、専門の構造の設計、信頼できる装置の安全使用を保障するため。

 

維持:

正常な作動状態で粉砕機を保つためには、次のプロシージャは各機械が使用された後遂行されるべきです。

、またはしばらくひくことを止めるためにひく1.Afterはそれぞれ水と機械すべての研摩の部分をきれいにするべきです。さもなければ、残りの粉砕の液体は乾燥し、堅くなられるようになります。

研摩の部分の2.The耐用年数は研摩の部分のタイプに従って変わり、別の働きプロシージャの耐用年数はまた異なっています。それはことユーザーの使用良質の研摩の部分推薦されます。

3.Clean粉砕ディスク少なくとも1日1回超音波と。

4.Should点検は毎月システムに各伝達部品の注油の状態規則的に時間のグリースを、私達は潤滑モービルNLGIZ等級のグリースを採用することを推薦します、防せいおよびさび止めの処置を続けていくために加え。

冷却ファンが詰ることの汚染による動くことを停止すれば規則的の5.Checkは時間の冷却ファンの汚染をきれいにし。

6.Observeはシャーシの下の粉砕のグリース新しいグリースを規則的に取付け、補充し。

7.Protect異物の汚染および影響からの粉砕のシャーシの粉砕のシャーシそして支持の表面。

 

健康をよい大事にして下さい

1.Cleanはきれいなペーパー タオルで毎日仕事の前のマット空気から落ち、パッドを傷つける塵を避けるためにそれをカバーし。不必要な研摩のパッドのために、きちんとそれらを貯えるのにPE袋を使用して下さい。

2.Ifは粉砕の据え付け品長い間使用されません、粉砕の据え付け品は超音波清浄で浸り、次に特別な道具箱で保たれるべき保護オイルが塗られるべきです。粉砕機が長い間使用されなければ、粉砕機の運転の部分は保護油層が塗られ、密封されるべきです。

3.Change機械のimprovetheの耐用年数への次の条件に従う潤滑油の月刊雑誌。

3.1.Use開いた回転盤をテコで動かすスクリュードライバー。

3.2.Remove粉砕機の回転式ディスク。

3.3.Removeは図表の位置に粉砕機のディスク ガスケット ガスケットを置き。

粉砕機のシャーシへの3.4.Add潤滑油。

3.5.Install燃料を補給することの後の回転盤。

4.Replace次の条件に従う圧力ばね6ヶ月毎に。

圧力固定が圧力コラムの両側でねじで締める4.1.Loosen。

4.2.Useは左回りの六角形の版手、圧力ねじを、取除きます圧力ばねをゆるめます。

4.3Replaceばね。

 

危害予防

  1. 湿気が鋭いおよび機械を傷つけることを防ぐために使用中の機械から移らないで下さい。

  2. 粉砕機を不適当な振動および不必要な影響に苦しむためにもたらさないで下さい。

  3. ぬれた手を搭載するボタンかスイッチに触れないで下さい。

  4. 粉砕機の電源の正しい電圧そして頻度を保障して下さい。

  5. 粉砕機は十分に基づいているべきです。

  6. 使用中の回転部品に触れないで下さい。

  7. 粉砕のシャーシか他の部品を分解した場合、電源が断ち切られることを確認して下さい。

他の機械リスト: 

項目 機械
1 光ファイバ ケーブルの打抜き機 1セット
2 繊維光学の除去用具 4 PC
3 繊維光学の治癒のオーブン 4 PC
4 繊維光学の磨く機械 5セット
5 繊維光学の固定ジグ 5 PC
6 繊維光学ILおよびRLの試験機 1セット
7 繊維光学のフェルールの終り表面顕微鏡 2セット
8 3D干渉計 1セット

 

繊維光学の固定ジグのリスト: 

項目 固定ジグ コネクターの頭部の数
1 SC/UPC 24/ 36 40/48
2 SC/APC 24/ 36 40/48
3 LC/UPC 24/ 36 40/48
4 LC/APC 24/ 36 40/48
5 FC/UPC 24/ 36 40/48
6 FC/APC 24/ 36 40/48
7 ST/UPC 24/ 36 40/48
8 E2000 24
9 E2000/APC 24

 

項目 磨くフィルム MOQ
1 1U 100pcs
2 3U 100pcs
3 9U 100pcs
4 30U 100pcs
5 ADS 100pcs

 

パッキング方法: 

- 輸出標準に従って

- カートン箱によって、木パレット、…

 

OEM/ODMサービス:
ケーブルのような商品のあなた自身のブランドのロゴを表示したいと思ったら袋、ラベルまたはところで包んで下さい。それは問題ではないです。私達のOEMおよびODMサービスはそれをして準備ができています常に。

出荷:
- UPS、TNT、DHL、等のような明白なインターナショナル
- Internatioalの空気:カリフォルニア、AA、EA、等
- 海によって

PM6800コーナー圧力繊維光学の磨く機械パッチ・コードの粉砕装置 0

連絡先の詳細
KOCENT OPTEC LIMITED

コンタクトパーソン: MaryLinh

電話番号: +8618664578169

私達に直接お問い合わせを送信 (0 / 3000)